治療方法は放射線など

オペを見守る

従来のがん治療というと、髪が抜けてしまったり、吐き気がひどく苦しんでいる様子をイメージする人も少なくありませんでした。
このようながん治療の副作用は、テレビドラマで表現されるなどメディアを通じて広がり、治療はつらいという印象があります。
しかし、我が国において死亡率の高いがんの治療は、日々研究されており化学療法や放射線療法、手術療法のどれにおいても進歩しています。
そのため、副作用を少なくすることや、患者さんの体にかかる負担をより軽減することも可能となってきました。
もちろん治療には副作用が出現する可能性はありますが、従来のものよりも軽い場合が多いです。
また、副作用に対する医療も進歩しているため、苦痛が少なく治療を受けられるようになってきています。

例えば化学療法では、従来の治療法はがん細胞だけではなく、健康な細胞にまで作用するような薬を使うことが主流でした。
そのため、がんを小さくするために健康な細胞も傷つけてしまうので、副作用が全身的に大きく出現してしまうことが多くありました。
しかし、現代の治療法では特定の薬は特定のがん細胞のみに効果を発揮するというものも開発され、実際に現代の医療現場で使用されています。
一方、手術療法では、従来の治療では体を大きく切開して切り開かなければ行うことができない処置が、体に数か所小さな穴をあけて機械を使って悪いところを取り除くという方法が、一部の手術では主流になってきています。
また、放射線療法といって悪いところに放射線を照射する治療も進歩しています。
このようにそれぞれの治療法が従来のものよりも進歩しています。